やはぎ皮フ科クリニックロゴ

ブログ

じんま疹


急に円形や楕円形、または地図上に膨疹(赤く、蚊に刺されたような膨らみ)が出現します。
皮膚科の診療の中で比較的、よく見かける皮膚病ですが、その約7割は原因不明と言われています。何らかのきっかけによりヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されることにより出現すると言われています。

症状が約1カ月程度で治まるものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と言います。
激しいかゆみを伴うことがあり、治療は抗ヒスタミン薬の内服を行います。体が温まるとかゆみが強くなるので、症状が出ているときは入浴や飲酒は避けましょう。患部を冷却するとかゆみが楽になりますので、氷などを袋に入れクーリングして下さい。

カテゴリー