やはぎ皮フ科クリニックロゴ

ブログ

とびひ


正式な名称は伝染性膿痂疹と言います。虫刺されやひっかき傷に細菌が感染して起こります。
患部を触った手を介して体のあちこちに感染します。病気のタイプとして、水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹に大別されます。
水疱性膿痂疹⇒水疱を主体とする病変で、乳幼児に多く発症し、夏場に多くみられます。
原因は黄色ブドウ球菌による感染です。

痂皮性膿痂疹⇒ 痂皮(かさぶたのようなもの)を主体とする病変で、季節、年齢に関係なく発症し、発熱などの症状も見られます。原因は化膿性レンサ球菌による感染です。
シャワーなどにより皮膚を清潔に保つことが何より重要です。また、爪を短く切り、かかないように心がけましょう。

カテゴリー